僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

僕たちの正体

飲酒歴40年、断酒歴2年と少し、不良老人歴?年、リスボン、59歳。

本日もリスボンの、セルフポートレート・ノープラン・ブログ、ご訪問ありがとうございます。


時々、折に触れて考えています。

僕たちが陥った依存症という状態とは何なのか、と。


特に最近は、IR法案がらみで、
ギャンブル依存症という言葉を耳にしたり目にしたりする機会が増えました。


IRを正式に導入するにあたってギャンブル依存症対策をどうするのかという議論があるようですが、
IRだけに予備的に手を入れても全く効果はないでしょうね。
何しろこの国には、合法、非合法、合わせて
日常的に賭け事の入り口があちらこちらでおいでおいでしてますから。

日本人だけ、入場料を徴収するとか、
日本人だけ、入場回数に制限を設けるとか、
小手先の対策でごまかそうとしていますが、

はっきり言いましょう、

猿知恵です。



やはりえらい人たち
(ということになっているおまぬけさんたち。僕は不幸にもそんなおまぬけの何人かに遭遇してしまってます。う~さぶっ。)
には、当事者の辛さは分らないんでしょうね。


僕たち、依存症当事者に対する一般的な理解としては、

ひとたび刺激を感受してしまうと、
理性による制御が難しくなる、或いは不可能になってしまう人、

といったあたりでしょうね。


もちろん外れてはいないのですが、

僕の感じでは、
刺激に対する欲求の制御が困難になる、或いは不可能になるといったような、
あくまで人間を対象とした説明ではまだ甘いような気がします。

これも何回か書いたことですが、

僕たちはある種の刺激によって
(僕たちの場合はアルコールの摂取がもたらす刺激によって)

人間の言葉では語ることができないような原始的な感覚が発動してしまい、
人間以外の動物になってしまう、

それが僕たちの正体だと思います。


皆さんも経験されてますと思いますが、
飲酒中に酒が家から亡くなった時の僕たちの行動を思い出してみましょう。

僕の場合、ありとあらゆる不条理な理屈をこねて酒を買いに行きました。

宴席でも本能の赴くままに、誰よりもアルコールを多量に摂取すること、そのことにばかり意識が向かっていました。

そんな時の僕は、人間のふりをした、酒亡者のヴァンパイアです。


ギャンブル依存症も、
ギャンブルの最中は、
好調な時は全能感に酔いしれ、
負けが込んでいる時はギャンブルで取り返すことしか思考が働かない、
ギャンブル・ヴァンパイアになっているのです。

そしてこのヴァンパイア感覚は、
僕たち、ヴァンパイア経験者かわからないと思います。


だから僕たち、当事者が語るべきです。

僕たち、アルコール依存症者は、
酒を飲みたいという欲望を抑えることができなかっただらしない人間という烙印の下、
発言が顧みられることは少ないでしょう。

でも僕たちが僕たちの正体について語らなければ、
僕たちと同じ苦しみを他の人びとに、
特に春秋に富む若者たちにもたらしてしまい、
彼らから輝く未来を奪ってしまうことにもなりかねません。

僕たち、ヴァンパイア症患者は、
反省はしながらも恥じることなく、
僕たちの醜いヴァンパイアとしての正体について語り続けなければなりません。


まだ僕は若者たちにそのような話をしたことはありません。

でもそんな日が来るような気がします。

その日のためにも自分をしっかり見つめ続けます。


そしてそのためにも
皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで
LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。