僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

あほT、着てみたい!

飲酒歴40年、断酒歴3年と6か月、不良初期高齢者、リスボン、60歳。

本日もリスボンの、今日は軽いっす・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。


今日のワンノートサンバは、
ノリが軽いと思います。


なぜノリが軽いのかというと、
ちょっとした心配事?が例によって杞憂に過ぎなかったことが分かったからです。

どんな心配事だったかというと、
スミマセン、書けません。

んなら、一言も触れんといてくれや!
という怒りの声も予想されますが、

いえへんかった心配事が心配事ではなかった、
あぁ、よかった、
という気持ちは書きたかったんです。

こどもか、お前は。



今日、学生たちの課題制作に少し協力しました。

先生がそんなことしてええんかという声も聞こえそうですが、

今日のサポートはOKでしょう。


というのも、
スマホアプリの制作のために必要なサウンド素材のために、
ピアノを弾くという依頼でしたので、
僕にしかできないだろうということで、OKだと思います。



依頼してきた3人の学生の一人が、
前面に大きな文字でに、

「マイ電柱」

と書かれた、オッサンには理解不能なTシャツを着ていました。


イイっすよねぇ、若い子は何着てもそれなりに似合うし、
意味性ももちそうで。


で彼女のTシャツを見て僕はすぐに思いました。

俺もこんなアホT、着てみてぇ~。

ホンマに直観的にこう思いました。

そしてでも僕たちには無理だろうな、と諦観してしまいました。


よく外国人が

「俺は医者だ」なんて書いてあるTシャツを着ていますが、

どうやらそれに近い、あほ感覚のTシャツが流行っているようです。


無理だろうなぁと諦観しましたが、

でも、でも、でも・・・・


着てみた~い!


今日はこれだけです、ホンマに薄っぺらく。

でもいつも決意。


皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで
LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。