僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

今日は社会参加してきました

飲酒歴40年、断酒歴4年と3か月、不良初期高齢者、リスボン、61歳。

本日もリスボンの、人恋し・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は、正々堂々?と二つの施設を訪れてきました。

ただし、訪れたという言い方は、ホンマは間違っていると思います。

 

1か所目、僕の肝硬変でお世話になっている病院です。

今日は久しぶりの定期診断、

採血してもらい、その結果から若先生に現状を診察してもらい、

今後の治療方針を聞きました。

 

採決の結果、相変わらず血小板が少ないということ以外には、

特に目立った要注意要素はなく、現状維持ということだそうです。

7月にCT検査と胃カメラによる検査を行い、

食道と肝臓の状態を確認することになりました。

 

病院ですが、やはり、診察を受けに来ていた人は、

普段の6割くらいだったような感じ。

待合席でも、無理せずとも三密は避けることができました。

ちなみにさすがに僕も、病院内ではマスクを着用しています、ハイ。

 

2か所目、勤務先です。

基本的にはロックアウトされていますので、大学での仕事はアウトですが、

今日は現在使用中のパソコンがウィルスに感染している可能性があったので、

専門のスタッフに相談に行きました。

5月に授業が開始されてからも、基本的に遠隔授業を行うことになっていますので、

パソコンの状態は慎重に確認しておく必要がありました。

 

大学も事務職員はテレワークと通勤勤務のローテ―ション制度をとってますし、

また学生諸君は登校禁止ということでもあり、

静かなものでした。

 

でも静かな中でも、

パソコンの状態について技術スタッフさんと、

ああだ、こうだと話しながら仕事を進めるのは、楽しいものです。

 

病院にも大学にも正々堂々と行きましたが、

やっぱ僕は人恋しかったようで、

何となく癒されたような気分になっています。

人間、人と人の間と書きますが、

ホンマに人は一人では弱いものですよね。

 

明けない夜はない、冬もやがては春と交代する、

信じておとなしくします、ADHDですが。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。