僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

新しいユニットの可能性

飲酒歴40年、断酒歴5年、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、前向きです・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

また音楽活動報告です。

 

現在の僕の演奏活動は、ほとんど収入にはつながっていません。

 

何らかの公的な機関からの演奏依頼の場合は、

最初からギャラありの話で進みますが、

今年度はウィルスのパンデミックの関係でその手の話は全くありませんでした。

 

ライブハウスでの演奏も、いわゆる投げ銭と呼ばれるチップ制でやってますので、

交通費とどっこいどっこいになるくらいが関の山です。

 

でも地道に演奏活動を続けてきたことによって、

少なくとも滋賀や京都のアマチュアセミプロのジャズメンの間では、

少しは名前が知られるようになりました。

 

また現在、2件のライブハウスでジャムセッションホストを務めていますが、

こちらの活動を通しても、人脈が広がりつつあります。

 

そんな中で、新たに一緒にやっていきたいと思うミュージシャンとも出会い、

レギュラーコンボを組んでみても面白いかなと考え始めました。

 

候補のお一人は、ドラマーで、昼間はシステムエンジニアをなさってます。

腕前はともかく、

ジャズドラムに対して真剣に取り組んでらっしゃるようで、

可能性を感じています。

 

もう一人はベーシストですが、こちらは元プロです。

しかもスタジオミュージシャンの経験もお持ちのようで、

腕前に関しては、言うことありません。

 

まだ3人で演奏したことはありませんが、

3月に2回ほど、ライブ演奏を行います。

その成り行き次第では、

僕のリーダーバンドとして活動することをお願いしようと思っています。

 

もちろん、どうなるかはわかりませんよ。

でも、こんなうれしい前向きの話も、

断酒ライフに入門したからこそ可能になったんだと思っています。

飲酒のために浪費していた時間を今では、

自分磨きと本当の意味での休養にあてることができています。

ちゃんと自分を磨けているからこそ、

ひとと出会うことができ、しかもその出会いをさらに活かすことができるんでしょう。

 

老いてまだまだワクワクします。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。