僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

オリンピックと薬物使用障害

飲酒歴40年、断酒歴5年と1か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、もしかするとホンマの危機の始まり?

ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

何か、おかしな空気になってきました。

何の話かといいますと、Tokyo 2020 オリンピックとパラリンピックです。

いつの間にか、開催していいのかどうかという基本的な問題提起が解決されないまま、

話が開催に向けてどんどん進んでいるような感じです。

森女性蔑視発言の一応の結末が、

一番大事な問題への視点をぼかしてしまったかのような感じです。

 

でも、新型ウィルス感染防止対策は、まだまだ終着点は見えていませんし、

本当に世界各国からの参加が望めるかどうかも、不明です。

多くの競技で、代表選手の選考も進んでいないようですし、

国際的なスポーツの祭典としての基本的な条件が満足されるかどうかも分かりません。

ホンマに冗談抜きで、

オリンピックという名称で、国民体育大会が開催されることになる可能性もあります。

 

ではなぜ、主催者に当たる各組織は、

開催ありきで話を進めているのでしょうか。

 

日本政府は、Tokyo 2020 の成功を経済発展の起爆剤にしたいということでしょう。

しかし、いくつかの国からの招待選手が参加するに過ぎない拡大版の国体が、

大きな経済波及効果をもたらすとは思えません。

 

一番わからないのは、IOC の本質的な動機です。

オリンピック精神が、過去のいくつかの大会の中ですでに地に落ちていることは明らかです。

だとすれば、IOC という組織は、

組織としての特権の享受だけを目的としているとしか考えられません。

JOC の幹部たちが IOC の幹部たちほどの特権を享受しているとは思えませんが、

しかし脳みそ筋肉君たちは、彼女・彼ら特有のプライド意識があり、

その満足こそが、JOC にとってのTokyo 2020 開催の最大の動機じゃないかな。

 

期待できない経済効果。

過去の栄光以外の根拠の不明な特権意識。

オリンピック精神とは全く縁のない、怪しげなインセンティブのために、

アホなイベントが開催されようとしている寸前かもしれません。

 

この状態、

飲酒行為に堕していた頃の僕たちと同じじゃないですか。

あの頃の僕たちは、飲酒以外のことに価値を見つけることができなくなっていました。

賢明にも飲酒のもたらすマイナス効果を説く考え方を徹底的に拒絶し、

時には、というよりも常に、敵視していました。

 

オリンピック開催以外の選択肢はあり得ないといって憚らない、主催者?たち。

彼女・彼らは、オリンピック開催依存症という国際的な疾病に侵された患者であり、

そしてその邪悪な病的価値観で世界中を染め上げようとしている、

悪の使者に他なりません。

 

人間の可能性に挑戦するというアスリートの尊い精神も、

オリンピック開催依存症の前では、

邪悪な危険思想を広げるために利用されてしまう、

哀れな運び屋に貶められてしまいます。

 

Tokyo 2020 、このままでは間違いなく、

人類の犯し得る、最もあほらしい、自虐的愚行として歴史に名を残すことでしょう。

立ち止まって考えなおす時間とチャンスは、まだ残されているでしょうか。

僕たちの社会に、冷静な判断ができる賢人がおり、

人びとが彼女・彼らのまともな発言に耳を傾け、行動することに期待します。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。