僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

テレビの報道がおかしくないっすか?

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、今日は時事ネタ(ジジィネタ)・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

マンボウがおかしいということで、

蔓延防止どったらこったらという、少しばかり覚えにくい名前で報道されるようになりましたが、

変異ウィルスの感染拡大とともに、やっぱり第四波とも呼ぶべき流行がやってきました。

前々から時々、書いていましたように、

新型ウィルス・パンデミックに伴い、

おかしな日本語が次から次へと登場してきました。

それらに比べれば、単に省略しただけのマンボウにそんなに目くじらを立てなくてもと思います。

 

いまだにウィルス感染拡大防止のための策を打つことができていないこの国は、

どうしてもオリンピックをやりたいみたいです。

でもどう考えても、

この国の現状は、オリンピックどころじゃないよね。

 

さらなる感染者の増大に伴い、

多くの医療施設の通常業務が圧迫されています。

 

度重なる失政の結果としてワクチンの輸入は滞っていますし、

仮にワクチンが確保できたとしても、

接種の社会的な体制が全く追いついていません。

 

こんな危険極まりない国に、

自らの肉体こそが資本であるアスリートたちが、

リスクを冒してまで、やって来るでしょうか。

 

僕にはどう考えても、オリンピックの中止以外の選択肢が思いつきません。

 

にもかかわらず、よくわからんイベント、聖火リレーが開始されてしまいました。

殆どのテレビ局の報道番組が、聖火リレーについてポジティブなニュースとして取り上げていますが、

誰もそこに愚かしさを感じないのでしょうか。

未来の人びとから嘲笑される可能性について考えないのでしょうか。

 

聖火リレーと2020 Tokyo Olympic Games and Paralympic が全く別物ではないことは、言うまでもないですよね。

つまり、聖火リレーについてポジティブに取り上げるということは、

オリンピックの開催についても疑問を挟まないということになってしまいませんか、

論理的には。

 

政治家たちが馬鹿ばかりであることは、今さら言うまでもありません。

しかし現在のこの国の状況は、

マスメディアもそのバカな政治家たちと同じ轍を踏んでいると考えるべきではないでしょうか。

まるで、昭和10年代後半の、

日本中が狂っていた時代が再現されているかのようです。

 

少数者に目を向けない国、

皆が同じ方向を向きだすと、違う方向をちらとでも見ることに対して執拗につぶしにかかる国、

何とかまだ金があるので、多くの国が相手をしてくれているけれど、

金の切れ目が縁の切れ目であることを自覚していない国。

 

そんなどうしようもない国だからこそ、メディアがしっかりしていないとやばいことになります。

今のこの国のヤバさは、右とか左とかではなく、

根本的なヤバさの域に達しています。

僕たち、薬物使用障害者は、

健康という言葉がもっている危険性を身をもって知っています。

聖火リレー、本当にヤバいっす。

 

でも

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。