僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

GUI 疲れ

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、これは苦手です・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日の午前中は、ちょっとした苦行のような作業に集中?しました。

何かというと、

リモート授業の出席確認をおもな目的とした、

学生のミニレポートの採点作業です。

 

僕のリモート授業は、

僕の一人きりの授業を録画した無観客ライブを動画配信し、

受講生には毎回、ミニレポートを送信させています。

ミニレポートの内容は、

普通に動画を視聴していれば、すぐに書くことができる内容にし、

ホンマに動画を視聴したかどうかをチェックしています。

 

今日は、全受講生240名のうち、ほぼ8割ほどの受講生のレポートをチェックしました。

丸3時間ほど、パソコンに向き合って作業しましたが、ムチャクチャ疲れました。

レポートの内容のチェックは、それほど負担ではありません。

全く講義動画を確認せずに書いたことが確実なレポート以外は、

合格点をつけています。

 

では何に浸かれたのかといいますと、

今さらですが、パソコン作業そのもののようです。

 

ミニレポートの確認は、専用の受信アカウントを設けていますので、

それほど、負担にはなりません。

何がめんどくさいかというと、

受講生名簿への転記です。

 

受講生名簿はエクセル書類で配信されてます。

で、このエクセルというファイル形式、

多分、慣れればかなりの優れモノなんだろうけど、

僕にとっては、とにかく嫌い、苦手、もう天敵のようなやつです。

 

エクセルの何が僕を苦しめるのか、少し見えてきました。

今さらですが、

複数のレイヤーが重なり合っているモニター上で、

マウスを駆使してポインタを移動させ、

様ざまな指示を与える、

そしてその際に、

現在、トップにあるレイヤーにふさわしい指示動作、

特にマウスとキーボードを組み合わせたショートカット操作をしっかりと認識していないと、

とんでもない演算結果が画面に反映されてしまう可能性がある、

この現在のコンピューターの GUI システムが、

僕の天敵の本丸のようです。

 

GUI は、電子計算機の性格を全く変えてしまった、大発明です。

GUI によって電子計算機は、汎用コンピューターに生まれ変わり、

専門的な機器から、一般的な普及型アイテムに代わったといってよいでしょう。

 

しかしどうやら、僕にとってその偉大な発明、GUI こそが、

僕の出世の最大の障害だったようです(ホンマかいな)(笑)。

 

どうもエクセルだけは、いくつになっても仲良しになれません。

もう、死ぬまでアカンやろうなぁ。

つまり、僕には、通常の事務業務は不可能だということのようです。

ダメダメ人間だということが確認できました。

めでたし、めでたし。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。