僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

アスリートの皆さん、この国に来ちゃダメだ!

飲酒歴40年、断酒歴5年と3カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、マジにヤバいぜ・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

インターネット上の JBpress 、臼北信行氏の記事によれば、

政府、東京都、JOC を含む、2020 Tokyo Olympic and Paralympic Gamese の、

主催5団体は、

全く 2020 Tokyo の中止については、考えていないそうです。

もっと驚いたことには、

仮に IOC 国際オリンピック委員会が新型 SARS ウィルス拡大の問題を重くとらえて、

中止の方向に傾いたとしても、

日本側の団体は IOC に対して開催の懇願をそろって行う意向だとのこと。

 

呆れてあいた口がふさがりません。

顎を外しそうです。

 

それでなくとも日本中で医療体制が崩壊寸前の危機にあるというのに、

2020 Tokyo のために、医療関係者の派遣を要請しているという主催者団体。

最前線でまさに命がけで踏ん張っている人たちに対して、

そっちはいいから、こっちの手伝いに来てよ、と平気で頼める感覚。

一体あいつらの精神構造はどうなっているんだ。

 

この国の行政の中核にいる人たちが専門家をないがしろにするのは、

今に始まったことじゃありません。

ウンコ・シンゾー・アベは、医療従事者に感謝の気持ちを伝えようとか何とか云って、

ブルーインパルスに特殊飛行のデモンストレーションを披露させるという、

勘違いも甚だしい、とんでもない税金の無駄遣いをかましてくれました。

今のガースー政権も、専門家の意見を聞こうとしません。

 

この狂気を食い止めるためには、

もう、世界中のアスリートの皆さんに訴えるしかありません。

 

お願いですから、2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games に参加しないでください。

2020 Tokyo は、あなたたちの日ごろの鍛錬の成果を競い合うための場としてふさわしくありません。

人びとの叡智の何たるかを理解しない、

近代以降の歴史上、稀に見る、愚か極まりない政治家たちが、

自分たちの政権維持のためだけに開催を強行しようとしている、愚かな催し、

それが、2020 Tokyo です。

ここまで恥知らずで愚かな国家は、

北朝鮮ミャンマージンバブエ、そしてこの日本くらいでしょう。

 

日本では、COVID 19 による死者は、それほど多くは出ていません。

しかし、おそらく医療体制の危機により、

多くの救えるはずの命が殺されてしまうことになります。

あなたたちの素晴らしい成果は、

2020 Tokyo 以外で発揮してください。

どうか日本に来ないでください。

あなたたちにも感染の危機が訪れます。

 

マジでこのくらいのことを訴えないと、

ホンマにこの国のお医者さんや看護師さんが殺されちゃいますよ、

愚か極まりない為政者のワガママと了見の狭さのために。

今の日本のオリンピック関係者の精神状態は、

僕たち、薬物使用障害者の発作発症時と変わりません。

心身全てが一つのことに支配され、誰の意見も聞きません。

 

ホンマにマジでヤバイって‼‼

 

でも僕たちはしっかりと生き続けましょう。

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。