僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

危険な TVCM

飲酒歴40年、断酒歴5年と3カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、今日はホンマに危険です、閲覧注意!ノープランブログ、

ご訪問ありがとうございます。

 

欧米ではたばこのパッケージに、

喫煙がもたらす悪影響がかなり強烈に表示されているそうです。

 

それからパリで経験したことですが、

酒を扱っている食品スーパーでは、

酒が専用の棚に入れられ、客は自分の手で商品を取り出すことはできず、

店員に依頼して出してもらうようになっていました。

 

煙草も酒も禁止することはないけど、

積極的に消費を推奨することはないようです。

 

日本では、皆さんもご承知の通り、

24時間、酒を買うことができますし、

放送時間の制限はるようですが、

アルコール飲料の TVCM も割とダダ漏れです。

 

僕たちが使用障害に陥ってしまったのは、もちろん、僕たち自身に理由があったのですが、

しかしアルコール飲料に対する社会全体の無神経な寛容さも、

リスク要因になっていたともいえるでしょう。

 

最近、その危険性が気になる TVCM があります。

マツコを起用した、サントリーの炭酸割専用焼酎の CM です。

 

なぜかマツコが言うと、説得力があるんですよね。

 

僕は飲酒の末期はほぼ、麦焼酎ばかりを飲んでいましたが、

炭酸で割ることは全く考えたことがありませんでした。

焼酎と炭酸、どうしても酎ハイという、軟弱(!)な飲料が想像されて、

僕たち、重篤な使用障害者が飲むような酒とは思えなかったんでしょうね。

 

ですので、というわけでもありませんが、

フルーツ等の補助的な味覚を一切伴わない、

焼酎の純粋な炭酸割、その味わいには少しだけ興味があります。

 

なぜ、今日の話が危険かというと、

いうまでもないことですが、絶対に一滴も体に入れてはいけない僕たちが、

酒の飲み方について興味があるなんて言うブログ、

絶対に触れてはいけない話題だからです。

 

ということで、ここまでにしましょう。

サントリーさん、作っていいもんとアカンもんがありまっせ、ホンマに。

 

よそ見をしてはいけません。

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。