僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

生き残りましょう、絶対に!

飲酒歴40年、断酒歴5年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、もはや闘いです・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

どうやら恐怖のカウントダウンが始まってしまいそうです。

Tokyo 2020 、どうしても開催したいらしい。

誰が?

まずはなんといっても、IOCA級戦犯でしょうね。

それから、

ウンコ・シンゾー・アベがあちらこちらに仕掛けた毒饅頭を食らって生き延びている連中。

こんなクソどもの、最低最悪の自己チュウ的な思惑のために、

僕たちは危険にさらされることになりそうです。

 

今、この、間違いなく歴史の汚点として記憶される、

国家的な暴走を止められるのは誰でしょう。

 

医療関係者をはじめとする、専門家の皆さんには、

もっと声を上げていただきたい。

政府の専門分科会の尾身会長がかなり踏み込んだ発言を始めましたが、

欲に目がくらみ、大脳が筋肉化したジミン党のウンコ先生どもには通じないらしい。

尾身先生、妙な忖度はもうなさらずに、真実を語ってください、

アホにも分かるように。

 

次に声を上げていただきたいのは、

ビジネス界の重鎮の皆さんです。

トップビジネスマンの皆さんには分かっているはずです、

今後、必ずや訪れる次のパンデミックの大波が、

この国の経済に決定的な打撃を与えることを。

あなたたちが、あなたたちの本能に従って、

あなたたちの利益のために冷静に判断し、声を上げてください。

 

そしてもしかすると、

エジプトの超一流大学を、ありとあらゆる裏技を駆使して卒業されたらしい、

政界双六に対して動物的な勘をおもちの、

小池東京都知事の、ちゃぶ台返しのツルの一声に期待できるかもしれません。

 

人生を棒に振りかけた薬物使用障害当事者であり、

断酒ライフ実践者の皆さん、

こんなつまらない事態で死んではなりません。

僕たちは、生き続けることの大事さ、ありがたさ、

そして面白さを、まさに命がけで学びました。

この危機を何としてもかわしながら、

生き残りましょう、絶対に!

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にして真剣、かつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。