僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

おやじギャグの季節

飲酒歴40年、断酒歴5年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、これも季節だより?ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

昨日は、久々にアウトドアである程度の時間、過ごしたことで、

体力を消耗したという話でしたが、

知らん間に夏になってしまいましたねぇ。

 

ついこないだまで、さぶ、とぶーたれていたような気がします。

 

飲酒者の頃の僕は、夏は苦手でした。

暑いと頭が働かなくなるので、仕事にならない、

でも冷房には基本的になじめない、

どないしたらええねん!というのが、酒におぼれていた頃の僕にとっての夏でした。

冬場はとにかく、酒をかっ食らって体の内側から温めればいいということで、

平気でした(完璧、錯覚)。

 

でも今では、夏も嫌いではありません。

相変わらず冷房は苦手なので、都市部に出かけると辛いのですが、

僕自身が温度環境を管理できる場所では、

風通しを良くする等の対策で、十分にしのげます。

特に拙宅は、ほぼ、林の中にあるようなものなので、

窓の開け方を工夫し、風の通り道を作ってあげると、

かなり贅沢な作業環境ができ上ります。

 

そして夏の何よりもうれしい点は、

早朝から活動が始めやすいことです。

この頃、ほぼ毎日、5時前後に目が覚めますが、

朝、1時間ほど、基礎トレーニング等のピアノの練習がじっくりできます。

基礎トレーニングで指をじっくりと仕上げていく感覚もうれしいのですが、

朝の新鮮な感覚で曲の練習をしてみると、

新しいフレージングが降りてくることがあります。

 

誰かのコピー大嫌いミュージシャンとしては、

自分のオリジナルフレーズを紡ぎだせる瞬間は、

何にも代えがたい、貴重な体験です。

 

早起きは3文の得、嘘じゃないと思いますよ。

 

アツはナツい、でもナツいからこそアツです。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。