僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

今日も淡々と

飲酒歴40年、断酒歴5年と5カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、祝継続歴更新・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

本日をもちまして断酒歴、5年5カ月を達成いたしました。

日数にして1979日だそうです。

いつも確認していますように、

継続年数、日数の長さには、深い意味はありません。

昨日、今日と続き、

さらに明日へと続けていくのみです。

 

今、レベル、62、

もし断酒ライフに入門していなかったら、

いつ死んでいたでしょう。

多分、レベル60に到達せずに、無様な死にざまをさらしていたと思います。

 

僕の場合、肝硬変の入院以降、明らかになったのですが、

食道静脈瘤が多量に形成されていたようなので、

授業中に若者たちの面前で大量に喀血し、

そのまま救急車で運ばれながらこと切れた可能性が一番高いかな。

あるいは、海外出張中に野垂れ死んでいたかもしれません。

 

または、アルコール使用障害が度を越してしまい、

飲酒中に意識の混濁をきたし、

不潔な状況に陥りながら、死んでいたかも。

最悪の場合、レッドツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナムのように、

嘔吐物をのどに詰まらせて死んでしまうという、

最高にはた迷惑でかっこ悪い死にざまをさらしたかもしれません。

 

まずは、生き延びていることに感謝です。

しかも生きざまのクォリティーは、

飲酒者時代よりも格段に向上しています。

生きることの意味を知り、

毎日、朝を迎えることが楽しみです。

 

10年、20年、30年、

目標ではありませんが、

どこまで数字が伸びていくか、楽しみではあります。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。