僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

天皇の真っ当な思いすらをも握りつぶそうとする愚か者ども

飲酒歴40年、断酒歴5年と5カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、今日も怒ります・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

西村宮内庁長官が、

Tokyo 2020 の開催がパンデミック再拡大の拠点になる可能性について、

天皇が憂慮されていると述べたことについて、

悪魔の使いどもは、

天皇のお考えではなく、あくまで西村長官の考えであるという解釈で、

切り抜けようとしているそうです。

 

西村長官が自身の立場を利用して、

天皇の思いを自分の考えのように伝えることは、

到底、考えられません。

従って現政権の解釈は、相当な無理技であり、

解釈の方法によっては、不敬の罪に当たるかもしれません。

 

現在の天皇について僕は、世代が近いこともあり、

上皇陛下のような尊敬の対象ではありません。

しかし天皇という特別な振舞の要求されるきわめて難しい立場についていることについては、

同情してしまいます。

 

Tokyo 2020 の名誉総裁を務める立場から、

本当に安心安全な大会の実施を希望される天皇の気もちは、

至極、真っ当なものであり、

天皇が近くで仕える宮内庁官吏にそのような思いを吐露するのは、

極めて当然の成り行きでしょう。

 

現政権の強権的な無理強いがさらに明らかになってきました。

多くの医療関係者が、

新たな感染爆発の到来を予言しています。

そして来日したアスリートから感染者が出始めました。

 

IOC にも、現政権にも、JOC にも、東京都にも、

俺たちをモルモットにする権利はありません。

同士の皆さん、できる限り、Tokyo 2020 から距離をとることです。

いつもの願いを繰り返します。

こんな下らん政権や、勘違いぼったくり貴族どもの自分勝手のために、

死んではなりません。

皆さん、絶対に生き延びましょう。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さん、

そして怒りの気もちと警戒の感覚を忘れずに、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。