僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

余命1カ月?

飲酒歴40年、断酒歴5年と8カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、これは避けられない・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

2011年3月13日、我が家の一員となったシュナプーのリリー、

肝臓がんを患っていたようです。

腫瘍は確実に悪性で、すでに転移も進んでいるそうです。

 

3週間ほど前から散歩の最中の動きがどんくさくはなっていました。

2週間ほど前には、左目が見えてないかもしれないような動作を示し始めました。

パートナーが何回か獣医さんに診てもらいに行ってましたが、

病状の進行具合から平均余命は1カ月くらいだろうといわれたそうです。

 

現在、10歳と7カ月、小型犬ですから、もう少し長生きしてくれると思っていました。

でも癌が進行していたということで、どうしようもないようです。

 

僕とパートナーは、それなりに人生経験を積んできましたから、

大人の対処ができます。

しかし、こどもたち、とくに長女は辛いだろうと思います。

1週間ほど前に病気にかかっていることを伝えてから、泣き暮らしているらしい。

でも、運命を受け入れるしかありません。

 

今日もいつものように、しっぽを振りながら帰宅した僕を迎えてくれたリリー。

でも僕の口のにおいを確認すると、すぐにクッションに横たわりました。

僕たちにできることは、これまでと同じように接することだけでしょう。

いくつもの死を見ながら、でも僕は生き続けます。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。