僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

やはりナマってました

飲酒歴40年、断酒歴5年と11か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、健康確認?ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日(1月10日)は、久しぶりに晴れ上がり、暖かい一日でした。

この頃、少しばかり運動不足を感じていましたので、

琵琶湖大橋を歩いて往復する、恒例の健康観察散歩に行ってきました。

f:id:skyoflisbon:20220110190207j:plain

琵琶湖大橋西詰の道の駅に自動車を駐車し、

のんびりと橋を渡り、

東詰めの大型商業施設、ピエリ守山で、ウインドウショッピングを楽しむルートです。

 

琵琶湖大橋の桁間全長が1.4キロ、

1時間強ほどピエリの中をうろうろしましたので、

多分、総歩行距離は、4キロは超えたと思います。

 

10月半ばに、おばワンチャマが天に召されてから、

僕の一日のルーティンスケジュールから、彼女との朝の1キロ散歩が削除されました。

今日の健康観察散歩では、そのマイナス効果が如実に現れました。

 

琵琶湖大橋の歩行者路には、

東詰めを起点とした距離が100メートルごとに表示されているのですが、

ピエリから堅田側へと戻る復路を歩きだしてから、

やたらとその距離表示が気になりました。

残りの歩き距離を常に意識していたのです。

 

考えてみれば、ピエリ内をうろうろしている時にすでに、

ちょっとした疲れを感じていました。

これまでは、この健康観察散歩中に疲れを感じるということはほとんどありませんでした。

やっぱり、ナマっていたようです。

 

腹筋と背筋のトレーニングは、しっかりと継続できています。

しかし筋力だけではなく、持久力を維持することにも、もう少し意識を向ける必要があるでしょうね。

必要以上に歩き、必要以上の階段を上り下りすること、

寝たきり老人にならないためにも、

無駄、かつはた迷惑に徘徊しようと思います。

 

はた迷惑オジィの LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、

ご機嫌さんで続けていきましょう。