僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

おろしとんかつ

飲酒歴40年、断酒歴5年と11か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、お気楽食い物批評・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日の夕飯は、ひっさびさのトンカツ定食でした。

僕がトンカツ定食をいただくのは、情況とお店が決まっています。

京都の伏見稲荷近くのジャズクラブで演奏する前に、

京都は山科の椥ノ辻ある松のやで、です。

今日はその条件をクリアする日で、

朝から晩ごはんはトンカツ定食と決めていました。

 

松のやのロースかつ定食、基本的には590円です。

ご飯とお味噌汁はお代わり自由、

普段はご飯をもりもり頂くことはないのですが、

松屋でトンカツをいただく日だけは、

ご飯チートデイとばかり、お代わりも楽しみます。

それで、590円、僕のようなシブチンにとっては、天国のような価格設定です。

 

ところが今日の松のや、ちょっとしたセール期間だったようで、

トンカツ定食が500円、いただき方は3種のバリエーションが用意されており、

僕はおろしトンカツを選択しました。

 

f:id:skyoflisbon:20220115000757j:plain

 

おろしとんかつ、おいしいっすよねぇ、美味しいと思います、ホンマは。

でも今日は途中から少し不満が持ち上がりました。

揚げたてのトンカツにおろしポン酢、たっぷりかけて大根おろしの美味しさも楽しむのですが、

おろしポン酢、揚げたてのトンカツの温度を下げてしまうんですよね。

せっかくの揚げたてのアツアツの温度が下がってしまう、

ちょっともったいないような気がしました。

 

この残念な感覚、かなり以前にも味わった記憶があるなと思い、

過去の記憶を手繰り寄せてみると、

初めてつけ麺なる料理をいただいた時の、

ガッカリ感と同じだったことに気がつきました。

僕は初めて、そしてこれまでの僕の人生の中で唯一の機会として、つけ麺を食べた時、

アツヒヤという食べ方を選択しました。

麺は湯がきたてのアツアツ、つけ汁は冷たいというパターンです。

 

アツヒヤのつけ麺をいただいた時に、これはぬくたい料理なのか、

それとも冷たい料理なのか、はっきりせんやっちゃなぁと、勝手に怒りを覚えました。

先程も言いましたように、それ以来、つけ麺をいただいたことはありません。

 

おそらくつけ麺が好きだという方からすれば、

僕の怒りは見当外れだということになるんでしょうね。

つけ麺は麺そのものの味わいを楽しむ料理であると。

そしておろしポン酢でいただくトンカツも、温度差に文句を言うのではなく、

カツという、少しばかりオイリーで、でもサクサクした味覚と、

おろしポン酢のさっぱり感の出会いを楽しむべきなんでしょうね。

 

でも僕は、料理の印象を中途半端にしてしまう温度差攻撃には、納得できません。

だからどやネンといわれても、どうもありません。

ただ僕の好みとは違ったなと、文句をたれているだけです。

 

スンマセン、ホンマにどうでもいいお話でした。

今日のご飯チートデイ、明日の朝には天罰が下っていることでしょう。

でもたまには、ブーちゃんご飯楽しんでもいいですよね。

 

とにもかくにも、LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、厚かましくもご機嫌さんで、

継続していきましょう。