僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

ナマッてました

飲酒歴40年、断酒歴6年と6か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、これは反省案件・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は8月15日、お盆のマン真ん中、

そして敗戦記念日でもありますが、

僕にとってはどちらもあまり意味はなく、単なる夏休みの一日です。

 

金曜日(12日)のジャムセッションの疲れが完全には取れないまま、

昨日も別の店でセッションホストを務めてきました。

正直に言いますと、昨日のセッションの参加者のレベルは、少し低めです。

ですが、そのような人たちに満足してもらえるような演奏設定は、

これはこれで神経を使いますし、疲れます。

しかし、気心の知れた皆さんとのセッションでしたので、楽しさも格別でした。

今日はそんなわけで、疲労の残り香を楽しみながら、のんびり過ごしました。

 

3時半、今日、3回目の細切れピアノレッスンを終えてから、ふと思い立って、

かつておばワンちゃまと毎朝のように散歩していた道を、再びたどってみました。

 

距離にして約、1.2キロほど、15分ほどの道のりですが、

かなり高低差があります。

夕刻に近かったとはいえ、この猛暑の中の散策でしたので、結構、消耗しました。

帰宅してからぼーっとようつべを眺めていたのですが、

いつの間にか、うつらうつらと船を漕いでいました。

 

10年近く、毎朝のように、あの道をおばワンちゃまと歩いていたことを思うと、

明らかに散歩体力が落ちていたことを思い知らされました。

ちょっとショックです。

常に階段を利用し、運動不足を避けていたつもりでしたが、

やはり毎日のウォーキングというエクササイズ、

相当、有効だったんですね。

マジで反省です。

筋トレも有効なんでしょうが、

歩くという基本中の基本動作、おろそかにしてはいけませんね。

歩ける間はできる限り歩くべきだなと、思いを新たにしました。

 

断酒アルキニスト、復活です。ここに宣言します。