僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

基本を忘れてはいかんかった

飲酒歴40年、断酒歴6年と8カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、やってしまいました・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

僕は時間にはうるさい方です。

約束はまず守ります。

約束時間にルーズな奴は、許せない方です。

 

しかし、今日はやってしまいました。

ライブ・ステージの本番が3時から。

僕が現場入りしたのは、ホンマに5分前。

打ち合わせもセッティングの調整もなく、いきなり本番。

演奏そのものは、40分、無事にこなしました。

 

他の仲間には2時には会場入りすると伝えてありました。

1時間の余裕があれば、少なくともセッティングは入念にできます。

ですが、大遅刻をかましました。

 

ここから醜い言い訳を少々。

 

午前中に眠剤使用障害のクソおやじの病院行きに同行しました。

処方された眠剤を確実に親父が居住している施設の職員に渡すためです。

おやじに眠剤を渡すと、また過剰摂取に走り、異常行動に出る恐れが大、

そしてその異常行動の後始末をするのは、僕以外にいません。

 

しかしクソおやじ、今日の約束を忘れてました。

その結果、診察開始が遅くなり、ここで30分のタイムロス。

 

今日は土曜日、連休の真ん中でした。

あっちゃこっちゃで渋滞に巻き込まれました。

20分くらいで脱出できる、ちっちゃな渋滞ばかりでしたが、

チリも積もれば何とやらで、

おそらく、僕の腹積もりよりも30分以上は遅れてしまったと思います。

 

そして今日の会場ですが、

これまで2回ほど行ったことのある街の中にあります。

しかしその街全体の土地勘が全くなかったので、

地図等で場所を確認したつもりになっていましたが、

会場近くで、迷子になり、

先に着いていた仲間との電話のやり取りで何とか会場にたどり着きました。

 

以上、主に3つの理由で、遅刻をかましてしまいましたが、

おそらく一番の原因は、

おやじの通院への付き添いと、初めての会場でのライブ出演という二つのイベントを、

同じ日にブッキングしてしまったことにあるでしょう。

 

計算では、何とかなるはずでした。

しかし今日は、主に3つの理由で、計算が狂いました。

というよりも、思い通りにいかない可能性のリスクについて、まったく想定していなかった。

そうです、いつもの僕であれば、必ず行っていた、慎重すぎるリスクマネジメントを、

何故か今回はさぼっていたのです。

 

まぁ、大丈夫でしょう、何とかなるっしょ。

この油断が諸悪の根源でした。

8割は大丈夫だという予定は、しかし二つ重なると、その安全性は、64%まで下がります。

さらに重ねると、5割を切ります。

つまり、安全ではなくなるのです。

難しい計算ではありません。

難しくない計算を間違えたのは、根拠のない自信というおごりでした。

 

今日は演奏についての反省以前に、人間としての基本について、反省させられました。

痛い薬でした。