僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

ホンマに冷え込みました

飲酒歴40年、断酒歴6年と10か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル64。

本日もリスボンの、12月になったばかりなのに・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

まずはご報告です。

昨日の当ブログでお知らせして?いました、大学への爆破予告

ハイ、当然といえば当然ですが、何も起こりませんでした。

僕の勤務先では、学内を巡回警備するスタッフを増員することで対応していたようですが、

教職員の間はもちろんのこと、学生たちの間でも話題に上ることは全くなく、

淡々と一日が過ぎたようです。

 

しかし、皆さんもお感じになったと思いますが、

寒かったですねぇ、今日は。

僕は下着を冬仕様に変え、さらにタイツ(パッチ)を着用して出かけました。

もしかするとタイツは途中で暑苦しく感じるかもしれないと思いましたが、

全然、そんなことはなく、ホンマに真冬並みの冷え込みになったようですね。

 

早くも12月、1年の締めくくりの季節になりました。

 

勤め先の大学の学生会が学内でのクリスマスイベントを企画していたので、

僕もミュージシャンとして参加のエントリーを行い、

今日、そのイベント説明会に参加してきました。

 

僕としては、若者たちのパフォーマンスのほんのちょっとのスキマに、

ジィサンの見せ場を入れてくだせぇとお願いするつもりで応募したのですが、

何とステージパフォーマンスに応募してきたのは、

僕ともう一組だけ。

もしかすると、僕がある程度、仕切らせてもらうことになるかもしれません。

何しろ、こちとら、ミュージシャンとしての経験値だけは、

売るほど持ち合わせていますので。

 

今後、主催者の学生会のメンバーたちと相談しながら、

強制解雇ラス前のご奉公?(ホンマはただのわがまま?)を決めてみたいと思います。