僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

テレビの報道がおかしくないっすか?

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、今日は時事ネタ(ジジィネタ)・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

マンボウがおかしいということで、

蔓延防止どったらこったらという、少しばかり覚えにくい名前で報道されるようになりましたが、

変異ウィルスの感染拡大とともに、やっぱり第四波とも呼ぶべき流行がやってきました。

前々から時々、書いていましたように、

新型ウィルス・パンデミックに伴い、

おかしな日本語が次から次へと登場してきました。

それらに比べれば、単に省略しただけのマンボウにそんなに目くじらを立てなくてもと思います。

 

いまだにウィルス感染拡大防止のための策を打つことができていないこの国は、

どうしてもオリンピックをやりたいみたいです。

でもどう考えても、

この国の現状は、オリンピックどころじゃないよね。

 

さらなる感染者の増大に伴い、

多くの医療施設の通常業務が圧迫されています。

 

度重なる失政の結果としてワクチンの輸入は滞っていますし、

仮にワクチンが確保できたとしても、

接種の社会的な体制が全く追いついていません。

 

こんな危険極まりない国に、

自らの肉体こそが資本であるアスリートたちが、

リスクを冒してまで、やって来るでしょうか。

 

僕にはどう考えても、オリンピックの中止以外の選択肢が思いつきません。

 

にもかかわらず、よくわからんイベント、聖火リレーが開始されてしまいました。

殆どのテレビ局の報道番組が、聖火リレーについてポジティブなニュースとして取り上げていますが、

誰もそこに愚かしさを感じないのでしょうか。

未来の人びとから嘲笑される可能性について考えないのでしょうか。

 

聖火リレーと2020 Tokyo Olympic Games and Paralympic が全く別物ではないことは、言うまでもないですよね。

つまり、聖火リレーについてポジティブに取り上げるということは、

オリンピックの開催についても疑問を挟まないということになってしまいませんか、

論理的には。

 

政治家たちが馬鹿ばかりであることは、今さら言うまでもありません。

しかし現在のこの国の状況は、

マスメディアもそのバカな政治家たちと同じ轍を踏んでいると考えるべきではないでしょうか。

まるで、昭和10年代後半の、

日本中が狂っていた時代が再現されているかのようです。

 

少数者に目を向けない国、

皆が同じ方向を向きだすと、違う方向をちらとでも見ることに対して執拗につぶしにかかる国、

何とかまだ金があるので、多くの国が相手をしてくれているけれど、

金の切れ目が縁の切れ目であることを自覚していない国。

 

そんなどうしようもない国だからこそ、メディアがしっかりしていないとやばいことになります。

今のこの国のヤバさは、右とか左とかではなく、

根本的なヤバさの域に達しています。

僕たち、薬物使用障害者は、

健康という言葉がもっている危険性を身をもって知っています。

聖火リレー、本当にヤバいっす。

 

でも

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

 

 

朝の渋滞?体験?

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、結構、久々だったかも・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日はちょっと変則的なスケジュールで過ごしました。

 

午前中は、親父の病院の送迎兼付き添い、

午前9時に、大津市民病院につくために、

8時20分に親父のアパートに行き、

8時20分に親父のアパートにつくために、

家を7時45分に出ました。

パートナーも出勤だったので、朝のルーティンはかなりバタバタしました。

 

11時過ぎに病院から解放され、買い物に寄った親父を送り届けたのが、12時少し前、

それから僕自身の昼食の買い物をして、いったん家に戻ったのが、

12時半くらい。

1時過ぎからピアノの練習を始め、

2時半から楽器の積み込みを行い、

途中、大津京のイオンスタイルに寄ってから、いつもの店に入ったのが5時過ぎ。

 

そして6時過ぎから9時前までライブを行い、

11時少し前に家に戻ってきたという次第です。

 

午前と夕方以降にスケジュールが固まり、

中抜けのような一日になりました。

 

今日の僕の動きの中で、

朝一で親父を迎えに行き、そして大津市の中心部を経由して市民病院まで車で移動したこと、

どうということはないのですが、僕にとっては、結構、画期的でした。

 

というのも、僕の普段の出勤ルート、見事なまでに世間一般の流れに逆らっています。

今日、通った道は、大津市内でオフィス仕事をしている人たちの通勤路にかなり近いはず。

きっと渋滞しているだろう予想していました。

 

しかし、全く渋滞がなかったとは言いませんが、

恐れていたほどではなく、

絵に描いたモチのような移動計画、

ほぼ、完璧にこなせました。

普段、世間離れした生活をしていますが、

今日の午前中の移動、

何となく世間の普通の波を経験できたような気がしました。

 

今日は少しばかり、薄味の報告でした。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

 

 

駄目になりそうな予感・・・

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、リボーン、それとも堕落の始まり?ノープランブログ、

ご訪問ありがとうございます。

 

今日は表向きは小ネタです。

 

読売テレビの夕方の情報番組、ten に、

浅越ゴエのお役に立ちますとか何とかいうコーナーがありまして、

毎週、浅越ゴエが、視聴者のちょっとした要望に応えています。

 

今日は、シンガーとしても活動しているお好み焼き屋の女将さんが、

ステージで映えるメイクを身につけたいということで、

ドラァグ・クイーンのオリーブさん(やったと思います)に、

ど派手メイクの手ほどきを受けるという内容でした。

 

依頼者にメイクを指導するために自らもすっぴんになって現れたオリーブさん、

ホンマにどこにでもいる、気の弱そうなおじさんでしたが、

いざ、秘伝?のメイクを始めると、

驚異のテクニックを駆使して、見事に化けました。

ホンマにびっくりしました。

 

僕は最初は、あまりまじめには見ていなかったのですが、

オリーブさんのすっぴんを見てから目が釘付けになり、

そのメイクテクニックに魅了されてしまいました。

 

最近、SNS等で、何かに夢中になって他のことに目が向かなくなる状態を、

「駄目になった○○」などと表現することがあるようですが、

今日の僕は、ドラァグ・クイーンのメイク術に駄目になりそうでした。

 

昨年の暮れにファッションショーに出演した際に、

いつもとは異なる自分になってステージに立つことの楽しさを知ってしまいましたが、

今回のメイク術との出会いは、

ADHDはた迷惑ジジィのはた迷惑ぶりにさらに磨きがかかりそうな、

不気味な予感に満ちています。フフフ。

ま、これも、断酒ライフ継続の、立派なインセンティブになるでしょう。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

あらためて断酒ライフからの贈り物

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、あらためて原点確認・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

断酒ブログを標榜していながら、ほとんど断酒ネタに触れることがなくなってきました。

僕自身の中で、飲酒欲求がほぼなくなり、

結果として酒というキーワードが僕の辞書から消えかけているからでもあり、

喜ばしいことではあります。

でもたまには、ブログを継続している理由について、原点を確認しましょう。

 

で今日、確認したいのは、

断酒ライフ継続の圧倒的な利点について、です。

 

いろいろありますよね、断酒ライフのもたらしてくれる素晴らしいもの。

食生活や睡眠といった生活習慣の改善もありますし、

飲みに行く必要もなければ、酒を買う必要もない、

結果として経済的なメリットも大きい。

 

しかし何よりも素晴らしいのは、

やっぱり健康に関することでしょう。

 

飲酒者の頃は、週に何日かは、前夜の深酒のために午前中を無駄にしてましたし、

僕の場合、肝硬変を患い、危篤状態にこそならなかったものの、

死の寸前まで行きました。

 

今は、そもそも二日酔いなぞという愚かしい状態に陥ることは絶対にありませんし、

血圧等も正常な値に落ち着いています。

 

そして何よりも、断酒ライフを継続することにより、

健康への執着、ひいては元気に生き延びることへの執着心が芽生えてきました。

 

飲酒者の頃は、酒で死ぬのも本望なぞという、気合にもならない戯言を信じていましたが、

今考えてみると、酒で命を落とすことは、

神様への裏切りであり、愚かしさの極みであることをが分かります。

 

断酒ライフを継続し、適度なプラクティスを取り入れることで、

歳をとってからでも僕たちの体は進化できることを体感しました。

僕の場合、体型の変化と、ヴォーカリストとしての発声力の安定、

そして歩くことへの耐性の向上等を実感しています。

 

身体にエネルギーが満ちていると、気持ちも前向きになります。

そして前向きな気持ちを維持することによって、脳細胞の劣化も遅らせることができる筈です。

 

酒なんぞ食らい続けていたら、

内臓はボロボロ、生活習慣はぐしゃぐしゃ、

そして認知症のくせに理不尽な自己主張だけは譲らない、

はた迷惑極まりない、ジジィになっていたことでしょう。

 

僕たち、酒のもっている悪魔力と契約を交わしてしまった愚か者は、

断酒ライフの継続しか生きる道はありません。

しかしその唯一の生き残り術は、最高の幸せへのパスポートでもあります。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

 

久々の朝バタバタ

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、新学期スタート・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は4月6日、

僕の勤務先では、

新入生を対象とした履修相談の日でした。

以前にも報告しましたように、入学式には出席せず、

また例年であれば、対面で行っていた授業ガイダンスもリモートとなったため、

正式に新入生と顔を合わせるのは今日が初日になりました。

 

9時10分からの相談開始に合わせて、

自宅を8時30分に出ます。

そしてそのためには、朝のルーティンをできる限り効率的に、

場合によっては、いくつかのプロセスはキャンセルしながら、こなさなければなりません。

 

今日は幸いにも、少しばかり早く目が覚めましたので、

おばワンチャマのウォーキング(20分)、

腹筋と背筋のプラクティス(約15分)、

そして洗い物と洗濯、そして新聞チェックとこなすことができましたが、

ピアノについては、基本練習(約20分)だけで終わらざるを得ませんでした。

 

そしてなぜか、出かける際に、ムチャクチャぎりぎりになり、

コーヒーを沸かしながらネクタイを締め、ネットチェックをこなすという慌てぶり。

 

どうも僕の朝のルーティンは、

余裕をもてるはずの早起きができた日の方がバタバタするようです。

なんででしょうね。

 

ま、いいか、ちゃんと間に合ったし。

 

新入生の履修相談を受け付けながら、

合間に新任の先生方とも懇親を深めることもできました。

来週から、ホンマの新学期、授業がスタートします。

あと3年、楽しみ倒します。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

 

 

電流の不思議

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、今日もまた新たな発見・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

僕のピアノの練習方法ですが、

いくつかの段階があります。

 

まず最初に、ハノンという、一見すると機械的にも聞こえる、

一番基礎的な練習を行います。

これはムチャクチャ、大事な練習で、絶対にサボるわけにはいきません。

これが大体、20分くらいかな。

そして、ピアノを習っている小学生くらいが練習する、

ソナチネ等の小曲を練習します。

 

次に、ジャズのいわゆるバラードナンバー(ゆっくりとした曲)を練習します。

これは、僕自身の耳をジャズっぽい響きに慣れさせていく効果と、

メロディーを丁寧に弾くことの大事さを確認するためのプロセスです。

 

その次に、少しアップテンポの曲を練習し、

ビートの連続感を確認しながら、

コードのつなぎ目を意識した新しいフレージングの開発を心がけます。

 

ここまでは、ピアノだけで練習しますが、

次の段階でハイテク(笑)を駆使します。

YouTube 上にマイナス・ワン・トラックといいまして、

ベースとドラムスだけで録音されたソースが公開されています。

この音を再生しながら、ピアノを合わせて、

いわば、カラオケ式のピアノトリオの練習を行っていきます。

 

この練習には、楽しさの陰に、人の演奏の言いなりになってしまうという影の部分もあり、

あまりはまってしまうのもまずいのですが、

そこはXXとはさみは・・・で、うまいこと、活かしていきましょう。

 

最近、コンピューターとPAをつなぐ変換ケーブルが不調でした。

どうも部分的な内部断線を起こしているようで、

右チャンネルだけが鳴らないときがあります。

そこで今日、新品のケーブルを購入して、つなげてみました。

 

ちょっと結果に驚きました。

もちろん、部分的な断線は改善されました。

しかしそれだけではなく、

全体的に音質がクリアーにもなったようです。

デジタル機器から出力される信号は、基本的にはオンとオフで作動する、

まさにデジタルなもののはずですが、

やはり、アンプを経由してスピーカーを鳴らすとなると、

アナログなクォリティーも無視できないようです。

 

20代のころには、アナログシンセサイザーを駆使したサウンド作りに凝っていた時期もあり、

それなりに電気回路に関するノーハウはもっていたつもりでしたが、

デジタル機器の奴隷になったことで忘れてしまったこともあったようです。

デジタルとアナログ、どっちがええ、という話ではなく、

それぞれの長所短所を把握しながら、使えばいいだけのことですよね。

僕たち、20世紀の汚物もとい遺物には、アナログ機器にもてあそばれた経験値の高さがあります。

せっかくの経験値です、しっかりと活かしていきましょう。

 

今日も、60 の手習いの楽しさと意義の再発見でした。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。

 

照れくさいけどちょっとうれしかったかも

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、少し恥ずかしいっす・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

昨晩から娘が帰ってきています。

特に何があったというわけではないようですが、

ま、大阪から大津ですから、1時間と少し、

毎日、帰ってきてもおかしくないような距離感ですけど。

 

娘の勤務先の始業時間は、午前10時だそうで、

広告業界の特質として、一般のお勤め人の皆さんよりも、

就業時間は少しばかり、後ろ倒しのようです。

 

今日はパートナーは午前中は仕事に出ましたので、

9時すぎにのそのそと起きてきた娘と、二人で過ごす時間が少しありました。

何も言わずに先日、ご披露しました僕の歌声を娘に聞かせてみました。

 

ムチャクチャ、拒否られると思っていたのですが、

娘の第一声は、

「お父さん、やっぱ、歌うまいな」というものでした。

 

娘は家に帰ってくると、僕の練習部屋で一人カラオケを楽しみます。

今日も、僕がピアノの朝練を終えた後、入れ違いに練習部屋で歌っていました。

そして小一時間ほどしてから、僕に、ヴォイストレーニングをしてくれと依頼してきました。

僕はピアノと同じく、歌も独学ですので、あまり自信はなかったのですが、

娘の伴奏をしながら、彼女の歌い方をチェックし、基本的な声の出し方をアドバイスしました。

 

これだけのことです。

でもちょっとうれしかったっす、正直なところ。

迷惑をかけたにもかかわらず、好き勝手しまくっているアル中親父の唯一の誇り処を、

彼女は認めてくれていました。

 

もちろん、あまり思い上がらず、毎日、しっかりとプラクティスを重ねていきます。

音楽のため、そして断酒ライフ継続のため、

僕は死にまっしぇん。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。