僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

趣味というラベリングと闘う

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、人生の前半を振り返る・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

この頃、テレビ等で高齢者が取り上げられると、

その型の年齢と外観、特に顔の表情が気になります。

特に80を過ぎた方々については、

どんな歳のとり方をされたか、そしてそれが表情の老化にどのように表れているかが、

とても気になります。

 

僕は今、レベル63ですが、このレベルにしては若作りを貫けていると思っています。

でも、この若作りぶりっ子をいつまで継続できるか、

いつかは歳相応になってしまうのではないかと危惧しています。

不自然に若さを保とうとは思いませんが、

気もちを若くもつこと、そして適度な運動の継続は心がけていこうと思っています。

 

あと1年半で、人生の一つの区切りを迎えます。

少しづつ、振り返りながら、後半の人生の備えとしましょう。

 

僕はいまだに、仕事をしてきた人生だったという自覚がありません。

仕事というか、労働というか、それも人生の義務としての労働というやつですが、

そのような仕事とは適度に距離を置いて、

ずーっと好きなことをして遊び続けた人生だったような気がしています。

 

その僕の好きなことというのは、

大きくは芸術に関わることであり、

一つの柱は、芸術に関する理論構築に従事し、その成果を若者たちに伝えることでした。

幸いにしてそのようなことを一つの生業として認知し、

収入を保証してくれるポジションにつくことができました。

 

そのポジションでの僕の公式の肩書というか、役割は、

デザインを中心に造形芸術の歴史と理論を研究し、教育することでした。

僕の意識の中では、

芸術全般について広く考え、

そして可能な場合は実践活動によって理論的な恒久の根拠を確認することが、

僕の仕事の中身であると理解していました。

その実践活動の中には、音楽表現の分野も含まれます。

 

芸術表現の実践という面に関しては、

僕は造形芸術、いわゆる美術については、

全くの素人ということはありませんが、

技術や実績の面においては、

僕の音楽活動の比ではありません。

僕は、専門的な教育は全く受けていませんが、

独学でジャズを中心としたピアノ奏法を習得し、

そしてこちらも独学ですが、作曲法や和音の理論等に習熟しました。

 



しかし、おそらく僕の前半期の人生については、

造形の専門家として認知され、

音楽の専門家として認知されることはないようです。

そして多くの人は、僕の音楽活動は、趣味の領域に属すると断定されることでしょう。

 

他人に何を言われようとも気にしなければよいといえばよいのですが、

しかし僕は、音楽に向き合ってきた僕の人生を、

趣味という小市民的な範疇の中に閉じ込められてしまうことが、どうにも我慢ができません。

たしかに僕の前半期の人生において、生活に必要な収入を確保してくれたのは、

造形芸術の専門家としての資質でした。

でも僕は、造形芸術に対する理論研究と同等に、あるいはそれ以上に、

音楽に真剣に取り組んできました。

決してご趣味の領域の中で、ちまちまと楽しんできたわけではないのです。

 

もっとも逆に開き直っていえば、

社会的に認知され得る活動も広い意味での趣味として楽しんできた、

その楽しみに何故かラッキーなことに、収入がついてきたと思えばいいのかもしれません。

音楽を趣味だといわれて無駄に怒りを覚えるよりも、

遊び倒した人生を自慢し、そしてさらに遊び続けることを高らかに宣言した方がよさそうです。

 

僕のこのお気楽人生観には、

日本人の表層的な生真面目さを貴ぶ精神性に対するちょっとしつこいまでの反感があるかもしれません。

故郷なきディアスポラとしての自負や意地がその根底にありそうです。

 

ごめんなさい、一人で怒ったり納得したりしてます。

よろしければ、これからも僕の人生ワガママぼやき節に付き合ってください。

酒飲みは自ら機会を放棄する

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、これは無視できない!ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は、飲酒者であった頃に信じ込んでいた勘違いについて考えてみます。

 

若い頃の僕には、お医者さんになろうという気持ちはこれっぽちもありませんでした。

医学部に入学できる学力があったかどうかという点でいうと、

医学部もピンキリですので、

お金の力で何とかなった大学はあったと思いますし、

ある程度、時間をかけて努力すれば、

地方の国立大学の医学部に入学できる可能性が全くなかったとは思いません。

もちろん、医学部を目指すことは一度たりとも考えもしませんでした。

受験ヒエラルキーの頂点にあるからというだけで医学部を目指すというのは、

自らの価値観を放棄しているように思えたからでもあります。

 

ある程度、大人になってから、酒を酌み交わしながら大学の先輩と話したことがあります。

救急患者のことを考えて日常的な飲酒をあきらめなければいけない職業としての医者には、

お互いになれんなぁと。

先輩も僕と同業の道を歩まれ、大学の教員として活動されていました。

僕も先輩も、一日の終わりには酒を飲むという行為に、

何も勝るプライオリティーを置いており、

そしてそのような生き方に対して全く疑問を挟むことはなかったのです。

 

おそらく潜在的な依存状態が形成されつつある飲酒者は、

人生の選択においても酒にとらわれてしまっており、

しかもそのことの異常さを認識することは全くないのです。

よく考えてみれば、これはかなり異常なことです。

 

飲酒という行為によって脳の回路の一部が蝕まれてしまった僕たちのような人間は、

人生のチャンスの多くを、自らふいにしてしまったようです。

例えば、飛行機のパイロットは、乗務の24時間前から飲酒を控えますが、

飲酒者時代の僕は、その勤務条件が非人間的なものであると感じていました。

 

今日、JAICA 国際協力機構のテレビ CM で、

世界中のいろいろな場所で活躍する若者たちの姿を見た時に、

すでに20台でアルコール使用障害者になっていた僕の生き方が、

ちょっと狭苦しく、みじめなものに思えてきました。

もちろん、後悔先立たずで、

断酒ライフを送る若者、

あるいは少なくとも酒に精神が蝕まれていない生活を送る若者には、

今さら戻れません。

 

でも酒には、人生の可能性を自ら狭める、あるいは放棄してしまう、

そんな精神構造を生み出してしまう危険性があることは間違いのないことです。

話が少しばかり段階が必要なので、

このことをストレートに若者たちに向けたアドバイスとして伝えることは難しいかもしれません。

でも必要とあれば、いつでも語ることができるように、問題点を整理しておく必要がありそうです。

断酒ライフの最大の特典、3C (クリアー、クレバー、クール)の脳みそを活用しましょう。

 

セカンドライフが近づいた

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、淡々とライフステージを考える・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

大学4年生の倅から、就職の内定が一つとれたというメールが来ました。

医療情報マネージメントを専攻している倅、

まずは比較的、大きな規模の病院への就職権利が担保できたようです。

 

僕自身は、通常の就職活動を経験していませんので、

今後の彼の就活の進め方については、全くアドバイスができません。

大学で研究したことを活かせることを第一に考えるべきか、

労働条件を重視すべきか、

或いは給与体系こそ大事なポイントとなるのか。

反社会的な生き方を貫いてしまった不良親父には、何も言うことがありません。

倅を信頼しています。

 

まだ確定ではありませんが、

これで二人のこどもの子育て双六も上がりを迎えると考えていいでしょう。

長かったような、短かったような。

とにかく長女にも長男にも、

僕の病気のため、情けない思いをさせてしまいました。

謝っても謝りきれないし、僕には許しを請う権利もないと思っています。

せめて今後、健康に生きて、いらぬ負担をかけないようにするのみです。

 

健康といえば、おかげさまで、さしあたっての不安要素はないようです。

疲れやすくはなっていますが、階段を楽しむ気合は、まだまだ現役です。

そしてパートナーとのコミュニケーションレスの生活、

気楽なものです。

今年の1年生たちからも、

このオジィはどこをいじっても大丈夫だという信頼?を得たようです。

楽しくおちょくられるようになりました。

 

若い時のようにムキになる必要はないでしょうが、

少しづつでも前進していきましょう。

たとえ1日1ミリの歩みであったとしても。

僕たちはいつまでも、転がり続ける石です。

Like a rolling stone.

 

 

あとはマスクをはずだけになったかな?

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、希望的観測?ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

勤務する大学での全面対面授業が解禁されて、ほぼ2カ月。

折に触れて報告していますように、学生諸君を前に、

100分間、直接、語りかける授業形式、

正直、肉体的にはかなりしんどいです。

でも、明らかに遠隔授業とは異なる手ごたえが感じられるのも確かなことで、

まさにライブ感覚、ライブ、live、生きているという感覚を直に味わうことができます。

 

かつては、強制解雇までライブ講義は無理だろうなと思っていましたが、

意外にも?早かった活動復活に驚いています。

 

そして室外では無理にマスクをつけなくともよいであろうという、公式見解も提示されました。

僕は以前から、建物の外に出ると同時にマスクを外していましたので、

ようやく、お墨付きをもらえたような安心感もあります。

あとは、建物の内部でも、マスクをつけなくともよいようになれば、

一層、楽しさが回帰しますよね。

 

マスクをしたまま、100分間、語り続ける、かなりきついですよ。

2週間ほど前までは、なぜか講義の最中に、

頬の内側を噛んでしまうという奇妙な症状(?)に悩まされました。

 

マスクがマストアイテムであった生活、

あんな時代もあったよねと笑い合える日が来る日を楽しみにします。

僕の強制解雇までに、マスクを外せる日が来るでしょうか。

引退まで、残り、1年と8カ月です。

 

久しぶりのワンちゃん浴

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、ホンマに久しぶりでした・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は午後3時から7時半まで、

琵琶湖畔の烏丸半島、芝生公園にいました。

音楽仲間のドラマーの M 君の奥さんの K チャンがカメラマンをされており、

彼女に僕の広報用ポートレートの撮影をお願いしました。

K ちゃんのイメージだと、僕は湖畔の公演が似合うんだそうです。

ホンマにそうかどうかは、写真のデータを納品してもらってから確かめます。

 

 

ほぼ半日、モデルを務めましたが、

結構、疲れました。

K ちゃんは、会話をしながらモデルの表情を作り出す撮影スタイルをとっており、

適当にポーズをとりながら、よもやま話に花が咲きました。

 

公園の中を移動しながらの撮影でしたが、

途中、かわいらしいコリーを連れた初老のご夫婦と出会いました。

何故か笑顔のコリーちゃんと目が合ってしまい、

コリーちゃんに声をかけると、コリーちゃんもビビッと来てくれたようで、

腰を下ろした僕の方に寄って来てくれました。

 

久しぶりのワンちゃんとのふれあいでした。

K ちゃん、僕の突然のワンちゃんナンパに驚いたようですが、

さすがにプロ、すかさず、コリーちゃんと僕がじゃれ合っている姿を撮影してくれてました。

 

陽が落ちてからは、

僕もなかなか普段は目にすることのない、

琵琶湖西岸の黄昏の半夜景を楽しみました。

 

ほぼ、立ちっぱなしの4時間半、

今日も寝つきがいいに違いない、わがまま ADHD ジジィでした。

 

腰痛のその後

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、高齢者の健康観察・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

連休の最後あたりから苛まれていた軽い腰痛ですが、

ほぼ、回復できたようです。

日常的な動作の中で腰に違和感を感じることは全くなくなり、

横臥姿勢から上体を起こす、上半身をひねりながら車のドアを開ける等の、

少しばかり筋肉や関節の酷使を伴う動作においても、

痛みを感じることはなくなりました。

 

腰痛のきっかけはおろか、原因も全く分かりません。

朝の筋トレの際にも、

シットアップ、いわゆる上体起こしだけですと腰への負担が大きいということで、

必ず上体反らしの運動もはさんでいただけに、

少しばかり残念な感じです。

 

僕は腰痛もちではありませんでした。

今後、くせにならないように気をつける必要があるでしょう。

ですので、朝の筋トレも、シットアップは復活させず、

ドローインとプランクの組み合わせを続けていこうと思います。

 

腰痛がおさまったので、夕方、久しぶりに林の中ジョギングにトライしました。

3週間近く間をあけてしまいましたので、

かなり負荷の高いエクササイズになり、

たったの5分間だけの運動だったにもかかわらず、

直後に睡魔に襲われました。

運動の後に、その負荷に体がすぐに反応したということで、

筋肉も関節も神経も、しっかりと働いていると考えましょう。

めでたし、めでたし。

 

これからも歩くことを中心に、無理のない運動を心がけていきます。

 

新たな1日のルーティン

飲酒歴40年、断酒歴6年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、これも山の楽しみ、ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

気が早いといわれるかもしれませんが、

夏が近づいてきています。

夏はなんぼ何でもとおっしゃる向きもおありでしょうが、

少なくとも夏至は、確実にもうすぐです。

 

そしてこの季節のありがたいことの一つは、

やたらと早起きしてしまう高齢者にとって、

実に充実した朝を過ごすことができることです。

 

僕は毎朝、朝食までに、

1時間のピアノの練習と、30分の筋トレを行っていますが、

最近、このメニューに、

野鳥の声を聴く早朝の森の散策が加わりました。

 

僕の家から歩いて15秒で、

高度成長期の頃に分譲が開始されたまま、

放置された宅地の成れの果ての雑木林が広がっています。

 

この頃、ピアノの練習を終えた後に、

その雑木林に立ち入り、

鳥たちの歌声に耳を澄ましています。

 

ほとんどの場合、鳴いている鳥の姿を確認することはありません。

でもじっくりと耳を澄ませていると、

いろいろな方向から、いろいろな歌声が聴こえてきます。

リズムもメロディーも、そして声質も異なる、いろいろな声。

残念ながら、その多彩な歌声をここでお伝えすることはできません。

でも、本当に、いろいろな声を聴くことができます。

 

若い頃には全く関心が向くことはなかった、僕にとっての新しい音の世界、

毎朝、贅沢極まりない、ナチュラル・シンフォニーを楽しんでいます。

 

本当に酒ごときで無駄死にしなくてよかった。

僕だけの黄金の時間がありました。