僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

ホワイ・ジャパニーズ・ピーポー

飲酒歴40年、断酒歴4年と8か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル61。

本日もリスボンの、どうなってんネン、日本人・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

4連休、3日目だそうです。

 

2か月ほど前から FaceBook の、

「滋賀の交通取り締まり・渋滞情報」グループに参加しています。

取り締まり情報も渋滞情報も助かることがあります。

 

今日は朝から、滋賀県内、あちこちで渋滞の情報がアップされました。

特に僕の住んでいる湖西地域は、

京阪神の皆さんにとって手ごろな日帰りドライブ・レジャー・ルートということもあり、

週末はたいがい、渋滞が発生します。

特に今日はひどかったようです。

皆さん、堰を切ったようにお出かけしはったようですなぁ。

 

あの4月、5月頃の多くの皆さんの行動は何だったんでしょう。

不要不急の外出は控えましょう、県境を超えた移動は控えましょう、

そんな合言葉のもと、皆さん、家にじっとしてはりましたわなぁ。

 

しかし今回の4連休、

天候にも恵まれたこともあり、皆さん、競ってお出かけ。

Sars-Cov-2 を収束できたわけではもちろん、ありませんよね。

色々な意味で、春と今の状況には違いもありますが、

しかし Sars-Cov-2 がこの国のあちこちに存在している事実は変わりません。

何で皆さん、こんなふうな手のひらを返したような行動ができるんでしょう?

 

ずばり、僕の感じている疑問を投げます。

なぜ、日本人は、お上のいうことにそんなに忠実に従うことができるのですか。

Sars-Cov-2 に関しては、医療関係者や感染学関係者のような専門家でも、

十分な理解はできていません。

そしてこれまでのいきさつでも明らかなように、

この前まで行政の責任者であったウンコ男は、

無理解の上にわがままを塗り重ねて、この国を混乱に導いてきました。

学術関係者にも正確な判断が難しい状況の中で、

なぜこの国の人びとは、

さらに愚かとしか言いようのない行政の判断に従って行動できるのでしょうか。

自分自身で考え、判断するという行動を、なぜ日本人はとらないのですか。

僕の感じ方は、あまりに自分勝手でしょうか。

 

道路が渋滞しているという、ある意味で平和な休日の光景、

でも僕には、この半年間で見えてきた日本人の愚かさ(あえて書きます)を、

如実に示す現象に見えました。

 

こんなことを書いたり言ったりするから孤立するんだよね、俺は。

分かっています。

でも、納得できないことを飲み込んだままでいると、

別の精神疾病を発症しそうになります。

 

そうならないためにも、感じた疑問は疑問として投げかけます。

そしていつもの誓いも守ります。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。