僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

少しは賢くなれたのかも

飲酒歴40年、断酒歴6年と6か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル63。

本日もリスボンの、これも60の手習い・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

本日、近所の学区の自治会長さんたちを対象とした人権に関する研修会、

何とか、講師をあい努めてまいりました。

 

「一人のディアスポラの目に映る日本社会の特殊性」、

これが研修講演のタイトルですが、

在日コリアン、現在は、日本国籍保有者でありながら、

朝鮮半島にも日本にも帰属意識をもつことができない個人としての僕が感じた、

日本社会、それもオッサン日本社会の閉鎖的後進性について、

少しばかり過激にアジってきました。

 

現在の日本社会は、

昭和の高度経済成長期の成功譚が忘れられないがゆえに、

人権に対する意識が悲しいほど低く、

このままでは、

現在の国際的な観点から見た凋落傾向が止まらなくなる瀬戸際にいますよという、

自分でもちょっと攻めすぎたなと思う内容でした。

 

90分ほどしゃべったのちに、質問やご意見を頂戴する時間を設けました。

それはなんぼ何でも、言い過ぎとちゃいまっかという、

お叱りの言葉をいただくことを覚悟しておりましたが、

案外、皆さん、僕の感じている危機感を共有していただけたようで、

好意的なコメントをいただくことができました。

 

若いころであれば、講演後のご質問やご意見に対しては、

かなり全力で構えてしまうところでしたが、

やはり、少しは経験から学べているようで、

ご質問等に対して適度な謝意と同意を示しながら、

さらなる建設的な議論につなげるための新たな話の展開を、

同時に考えることもできるようになりました。

アホはアホなりに進歩できているようです。

めでたし、メデタシ。

会場の大津市和邇文化センターです。

 

今日はヒロシマのメモリアルデイ、

来週にはもう、お盆休みなんですね。

時間は飛び去って行きますが、

焦らず、毎日、確実に生きていきます。

断酒ライフの一日、一日を輝かせるために。