僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

バイリンガル授業

飲酒歴40年、断酒歴4年と5か月、不良初期高齢者、リスボン、61歳。

本日もリスボンの、少し自慢・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日は、というか正確には昨日(6月29日)ですが、

京都は伏見稲荷近くの、

いつものアンソニア・カフェさんでライブを行ってきましたので、

帰宅し入浴を済ませ、メイルチェック等を片付けたら、日付が変わっていました。

1日遅れの投稿です。

 

この頃、時々、報告していますが、

今、僕が大学で行っている対面授業は、

英語が2科目です。

今日はそのうちの1科目、少しばかり高度なリーディングの授業です。

 

が、履修学生の構成がとってもユニーク。

日本人学生が3名で、1名は、何とか文法の基礎的な知識があります。

残りの2名は、ほぼ中学1年生で学習が止まってしまったレベル。

そして4名のインドネシアからの留学生、

もちろん彼女たちにとって英語は、

理解するだけなら全く問題なし。

 

という訳で、習熟度やこれまでの学習経験からいうと、

3種類の異なるステージにいる学生たちが集まってくれた格好です。

楽しいっちゃ、楽しいです。

でもしんどいといえばしんどい。

7名に全く同じ授業を行うことはできません。

インドネシアンガールズに合わせれば、

ジャパニーズガールズたちは全くついてこれませんし、

文の骨組みを日本語で解説すると、

これはこれでインドネシアンガールズにとって、とてつもなく難解な授業になります。

 

そこで僕が取った方法が、

授業の前半はジャパニーズガールズだけを集めて、

丁寧に構文の分析解説。

そして後半はインドネシアンガールズにも合流してもらい、

構文が明らかになった英文の翻訳練習。

このうち後半の翻訳練習は、

留学生たちにとっては、

かなり高度な日本語の練習になります。

 

何とか時間差攻撃で、習熟度レベルの異なる学生たちを責めています。

 

僕にとって大変なのは、後半の授業です。

留学生たちに文の内容を説明する時には、

英語を用いますが、

その内容はすぐに日本語にして置かないと、

ジャパニーズガールズが置いてけぼりになります。

一つの授業で英語と日本語を駆使する、

老体と老脳にとっては、かなりのハードワークです。

 

しかし脳みそは使える間は酷使しないとね。

僕たちは、永年の過剰飲酒により脳の一部を破壊してしまいました。

せめて脳みその元気なパーツはしっかりとエクササイズを続けます。

 

明日(というか今日)は、遠隔オンデマンド授業のための動画撮影。

一人ぼっちで大講義室にこもり、

目の前に学生たちがいるようなマインドセットで、

ぼっち授業をかましてきます。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。