僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

テレビは終わコン?

飲酒歴40年、断酒歴7年と10カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル65。

本日もリスボンの、仕方ないのかも・ノープラン・ブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

昨日と今日、パートナーが実家に帰っているので、

一人暮らしです。

 

色々と気楽です。

食事の準備が面倒といえば面倒ですが、

僕の場合、昨日、二日分のメインディッシュを作ってしまいますので、

それほどの負担でもありません。

今回も鶏レバーと野菜のシンプル・シチュー、

昨日は塩・コショー・メインのシンプルの極みの味付け、

今日は、インドネシア産のチリソースを入れて、何ちゃってエスニック、

楽しく調理し、美味しくいただきました。

 

食事の後ですが、久しぶりにテレビでもゆっくり見ようかなと思ったのですが、

昨日も今日も、新聞のテレビ欄を見て、ちょっとがっかり。

誰にも邪魔されずにゆっくり楽しめる機会なのに、

見たいなと思う番組がありません。

 

お笑い芸人を中心としたテレビ芸人たちが、

どうでもええ話題で無駄話を続けるような番組が大半ですね、昨今のテレビ番組は。

 

テレビがすでに終わコンだという話はよく聞きますが、ホンマでしたわ。

 

もちろん、根性を据えて作成されたドキュメンタリーのような、

しっかりと見ごたえのある番組もあるんでしょうけど、

大抵の場合、時間の都合が合わないようです。

録画すればよいという話かもしれませんが、

わざわざ録画するまでもないやろうなぁとも思ってしまいます。

 

無料のオン・デマンド・コンテンツがあふれている現在、

テレビの視聴には、どうしてもワザワザ感が付きまといます。

YouTube で大概のデジタル動画コンテンツにはアクセスできますので、

僕たちの感性が動画そのものに対して、

中途半端に飽和状態になっているのかもしれません。

 

小説のように、鑑賞者が想像力を働かせる必要のある表現メディアの方が、

いざとなると?強く、深いのかもしれません。

 

考えてみれば、僕たちの脳みそは広大ですもんね、

何ぼ、大きくなったとしても、テレビモニターの面積は限りがあります。

 

途中から論理がすり替わり、ずれてしまったかもしれません。

ま、それも一興ということで、お許しください。