僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

黄砂、でも(だから)春?

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、シームレス・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今日の黄砂はすごかったっすねぇ。

ホンマに視界が悪く、

空はカサついたようなぼやけぶり。

このぼやけの原因がユーラシア大陸からはるばる飛んできた砂粒だとは。

 

僕たちは普段、自分が直接理解できる範囲の世界しか見ていませんが、

しかし黄砂がタクラマカン砂漠ゴビ砂漠からやってきたと知ると、

僕たちの暮らしは、地球規模の広がりの中にあることを思い知らされます。

 

しかも黄砂という現象、必ずしも単なる気象現象ではなく、

人間の営みも深く関係している、

ある種の環境破壊事案としての側面ももっているそうで、

僕たち一人ひとりの行動も影響しているらしい。

どうやら、知らん顔していい現象ではないようです。

 

そんな黄砂が飛んでいた今日は、3月30日、

知らん間に年度の境目、ぎりぎりのところまで来ていました。

そしてこちらも知らん間のことだったようですが、サブい季節が終了していました。

もうさすがに、コートを着ている人もいません。

多くの人びとが、春らしい、軽やかな装いで出かけてはりました。

 

そんな中、僕は今日も、親父の交通違反と事故の後片付けに少し振り回されています。

親父、事故の直前に酒だけではなく、

眠剤も服用していたようで、

下手すると薬物乱用という事案が付け加わるかもしれなく、

もっと面倒なことになるかもしれません。

 

落ち着いて対処するしかないでしょうね。

当の本人がそれほど落ち込んでいないのが救いといえば救いかな。

反省はしているやろうけど。

 

いつもの気合です。

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。