僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

秋のしるし

飲酒歴40年、断酒歴4年と9か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル61。

本日もリスボンの、季節だより・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

このところ、ブログネタに困っています。

様々なことに対する僕のアンテナの感度が落ちてきているとすれば、

ちょっと気がかりですが、

ブログネタがすぐには思いつかないことは、

でも良くも悪くも毎日の生活が、

それも毎日の精神状態が安定している証拠かもしれません。

 

一時のあまりに過剰な自粛要請世論の嵐も、

ある意味で適度なバランス点が見つかり、

こちらは収束してきたといえそうです。

買い物に出かけても、人の動きにある程度の活気は感じられます。

 

Sars-Cov-2 とは、まなじりを決して闘いを挑むよりも、

いろいろな意味、いろいろなステージでの妥協点を探る、

長い共存状態が続くことでしょう。

 

一気に季節が進みました。

 

まだ樹々の色づきには早いのですが、

朝日のお出ましは確実に遅くなりました。

 

少しばかり冷え込んだ朝の風景から僕はなぜか、

旅立ちという言葉を連想してしまいます。

旅先で感じる、ちょこっとだけ不安を伴った新しい一日の予感、

秋から冬の朝は、ほんの少しの寂しさと、生と死の詩をもたらしてくれます。

 

午前中は、窓際の日差しが届けてくれる暖かい空気が恋しい。

そして一日中、温かいお茶が恋しい。

 

そんな秋は、きっと何かプレゼントをもってきてくれている筈。

ゲットできるかどうかは、アンテナの感度とちょっとした冒険心しだい。

クールでクリアー、そしてクレバーな脳みそで今日も断酒ライフ。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。