僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

信じ難い光景?

飲酒歴40年、断酒歴5年と2か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、連日のように・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

あまり同じ話題ばかり取り上げていると、

いかにも自分自身の観察力や批判力の乏しさが浮き彫りになるので、嫌なのですが、

今日もオリンピックについてです。

 

大阪と兵庫で、変異した新型ウィルスの感染爆発が起こりつつあり、

そしてその爆発はやがては東京をはじめ、国内に広がるであろうことが確実視されている中、

さらには、それに伴い、昨年心配された以上の医療崩壊が現実のものとしている中、

そしてさらに、ワクチンの接種がそう簡単には進まないであろうことが明らかである中、

東京の高尾山にオリンピック開催を記念するモニュメントが設置されたそうです。

そのモニュメントのお披露目式典には、当然といえば当然ですが、

小池都知事も出席していました。

ついでに言えば、IOC がまたも強硬開催についてのステートメントを発表しました。

 

なぜ、客観的な知見に基づいた判断がなされないのでしょうか。

そしてなぜ、人びとの深刻な心配の声が届かないのでしょうか。

ここまで人類は、愚かな生き物なのでしょうか。

それとも一部の目のくらんだ人しか、権力者の座には就けないのでしょうか。

 

みなさん、もうオリンピックに期待したり、注目したりするのはやめましょう。

そして昨日も書きましたが、

世界中の正しい判断のできるアスリートたちが、

その正しい判断力を行使されて、この愚かな催しへの参加をボイコットすることを願いましょう。

 

主催者やメディアに正しい判断が期待できないのであれば、

僕たち、一般市民が、

真っ当な心配に基づいた正しい判断力に基づいて行動しましょう。

アスリートたちがその鍛え抜かれた力や技を発揮するべき場所は、

こんな愚かなイベントではありません。

 

誰も新型 SARS ウィルスに打ち勝ってはいません。

狂気のイベントを賛美してはならないのです。

意志を正しくもって判断し、行動しましょう。

 

そのためにも。

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。