僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

こどもだましの目くらまし、ブルーインパルス

飲酒歴40年、断酒歴5年と7カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、目を覚まそう!ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

Tokyo 2020 パラリンピックが、今日、開幕するそうです。

障害学と芸術学を結び付けることを専門としてきた研究者として、

障害者スポーツの祭典、パラリンピックについては、

全面的に賛同し、支持するべき立場にあるような気もしますが、

今回の東京大会に関しては、

素直に賛同することはできません。

 

オリンピックが商業主義の前にその本来の趣旨を逸脱していることは、

誰の眼にも明らかですし、

Tokyo 2020 が、スポーツの祭典としてのオリンピックではなく、

全く異なる目的のために開催されてしまったことも明らかです。

 

パラリンピックがどうなのかということについては、

僕はよく分かりません。

特にパラもアメリカ中心の商業主義の前に堕落してしまったのかどうかは、

全く知りませんでした。

 

しかし今日、パラリンピックの開催に合わせて、

東京上空でブルーインパルスが編隊飛行を披露したことにより、

Tokyo 2020 Paralympic もその性格に濁りが含まれていることが明らかになったような気がします。

 

ブルーインパルスは、航空自衛隊に所属しています。

つまりブルーインパルスは、自衛隊の最高責任者の監督下にあるわけです。

 

今日のブルーインパルスの飛行は、

ちょうど1年前に行われた、

日本憲政史上最悪の総理大臣、

日本文化の本当の意味も知らず、

文化的な価値の全てを支える言葉の意味や価値を自己の都合のために改変、破壊しつくした、

道徳心のかけらももたない男、

ウンコ・シンゾー・アベによる、

自らの失政をごまかすためだけの権力乱用を思い起こさせます。

 

あれを見て、感動してはいけない!

この国の為政者たちのレベルは、今や世界から嘲笑される対象にまで墜ちました。

その低レベルの政治家たちのこどまだまし以下の阿りに騙される国民のレベルも、

おそらく、世界から笑いものにされるレベルに落ちている。

 

予算や技能、そして設備や什器・備品は、こんなごまかしのために使うものではないはずです。

自衛隊の存在意義については、憲法9条との関係を含めて、難しい問題がありますが、

災害救助などで発揮される自衛隊の設備や技能、そして隊員たちのモラルの高さは、

誇るべきものだと思います。

だからこそ、こんな茶番のために無駄遣いしてはならないし、

この無駄遣いを許すべきではないのです。

ジャパニーズ・ピーポー、ホンマにこのままやったら世界の笑いものだぜ。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。