僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

地震でした

飲酒歴40年、断酒歴もう少しで2年と5か月、不良初期高齢者、リスボン、59歳。

本日もリスボンの、エマージンシー・ノープラン・ブログ、ご訪問ありがとうございます。


皆さんもご存知のように、
本日、朝、7時58分、大阪北部を中心に地震がありました。

ここ、大津では、ほとんど被害はありません。

恐らく、滋賀全体でも、直接的な被害はないものと思います。

ただ、JRがほぼ全線、止まりましたので、
その影響は大きく受けています。

当然ながら僕の勤め先は、全面休校になりました。

また、倅も地震の前に学校に行ってしまいましたので、
帰路に影響を受けています。


でも僕たちのように、
滋賀県の内部で普段の生活サーキットがループしているものにとって大した影響はなかったようですが、

これが、京都や大阪にまで生活圏が広がっている人たち、

今、ちょうど困っているピークでしょうね。

仕事には来てしまったけれど、帰りの電車の運転の見込みが立っていない、

駅で運転再開を待つか、
全く別の行動をとるべきか。

迷いどころでしょう。

とりあえず僕は、
下宿先に戻っている長女以外は家族全員、家に戻っているので、安心しています。


さて、今朝の地震

僕はNHK総合放送を見ていましたが、
例の不思議なサウンドから始まる緊急地震警報が流れ、

そのあとに少しばかり鈍く地面をそこからたたき上げるような衝撃が訪れ、

それから地震速報が画面に現れるという一連の流れを、
同時進行で経験しました。


あのチャラリンチャラリンというサウンドの後にホンマにどんと地震が来たので、
何か、変な感じがしました。


20年前の阪神淡路大震災の時は、
突然の大きな揺れに驚き、飛び起きて本棚を押さえました。

7年前の東日本大震災の時は、
大学の卒業パーティーの最中で、
ホテルのシャンデリアがゆーっくり揺れているのがとても不思議な感じがしたことを覚えています。

僕たちの国は地震大国ですので、
いつ、とんでもない揺れがやってくるかわかりません。

その意味でも、酒なぞかっ食らって正体を失っている場合ではないですね。

その意味でもいつものように

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで
LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。