僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

すごいぜ、ジャパニーズ・ビジネスマン

飲酒歴40年、断酒歴5年と1か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、読書感想文?ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

今朝、元銀行マン作家、というよりも、元銀行経営者作家、

江上剛の短編集、「非情人事」を読了しました。

会社勤めを一度もしたことがなく、

また、社会学系の研究を専門としていながら経済関係の知識が皆無の僕にとって、

江上のビジネス小説は、

未知の世界への好奇心も満たしてくれると同時に、

用語や背景の理解のために少しばかり苦痛ももたらしてくれました。

 

読み終わっての素直な感想。

俺には会社勤めは無理だわ、というものです。

 

オフィスワーカーにとって、正式な業務としての会議をはじめとする、

合意形成のための様ざまな活動、

大の会議嫌いの僕にとっては、絶対に堪えられない世界です。

そしてオフィスワーカーが高収入を確保するための第一の道は、

そのような合意形成の戦略行為の中で、

昇進を重ねていくということになるでしょう。

 

僕はサラリーマン世界の階層構造についてそれほど詳しくないのですが、

ヒラに始まり、係長、課長、次長?部長等々と出世双六を進み、

執行役員だの、取締役どうたらこうたらだのと進んでいくんですよね。

そして一層僕にとって耐えられないであろうことに、

この双六が進めば進むほど、

仕事の中の合意形成行動の占める割合が高くなっていくんですよね?

 

もし僕がオフィスワーカーになっていたら、

多分、40代で発症確認に至っていただろうなぁ。

ジャパニーズ・ビジネスマンの皆さん、

思い切りストレスフルな暮らしを送ってらっしゃるんですよね、

尊敬?します。

 

多分、この国では、僕の感じ方の方がアカンねやろうなぁ。

大学の教師という、やくざな道に進めたこと、ラッキーやったと思います。

 

もっとも大学教員の中にも、

ビジネスマン的なネゴ戦略で動き回ってるやつもいますよ。

 

卒業までお気楽稼業、

そして卒業後もお気楽稼業に従事します。

お気楽稼業はお気楽稼業として多忙なので、

酒を飲んでる暇はありません!(キッパリ)

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。