僕のワンノートサンバ

断酒ライフを送る大学教師にしてジャズ・ピアニスト、ヴォーカリスト

ワクチン?

飲酒歴40年、断酒歴5年と4カ月、不良初期高齢者、リスボン、レベル62。

本日もリスボンの、卑怯者になろうかな・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。

 

新型コロナウィルス感染対策のワクチン接種、

結構、身近な話題になってきました。

能無し政権の思惑は置いといて、

僕の周囲の高齢者にも、

すでに2回、接種を終えた、あるいは1回目が終わっている、または予約を済ませた等、

具体的な話が進んでいる人も現れ始めています。

 

さて、僕はどうしたものでしょうかね。

 

一番、正直な気持ち。

僕が接種しなくとも、多くの人びとが接種を終えることによって、

社会的な免疫が形成されるのであれば、

それに任せて、さぼってもいいよね。

 

なぜそう思うのかというと・・・

 

怪しげな情報ながら、深刻な副作用も出ているという噂。

ワクチン接種に取り組むかどうかをめぐる、新たな社会的な同調圧力の台頭。

本当に有効なのかどうか、まだ確定していないらしいこと。

そして、RNA に作用するワクチンということで、

ワクチンそのものの性質がまだ明らかではないという事実。

 

ワクチン接種が行き渡ることで、

今回の新型 SARS ウィルス騒動が終わるとも思えません。

僕は、慎重さと卑怯さの二重防御で、乗り切ろうと思っています。

 

とにもかくにも、死んだらあかん、ウィルスでもワクチンでも。

ましてやオリンピックのあおりで死ぬなんて、一番、ばからしい。

 

皆さんも僕も、今日も明日も、厚かましくも謙虚にかつご機嫌さんで、

LWoA Life Without Alcohol 断酒ライフ、継続していきましょう。